FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2-20.完全忘却
2007 / 03 / 04 ( Sun )
SH20

まぁ、そんなこんなで、これまでの厄を落とすかのような一夜が終わり、明けて日曜日の朝。というか昼。やや二日酔い気味のまま目覚め、まずはホテル1Fのオープンテラスで昼食を食べる。昨日の雨も上がり、再び春の日差しが戻ってきてなかなか気持ちが良い。

さて、今夜の展開はどうするかなぁ。昨日の今日じゃぁいくらなんでもYもきついだろう。そもそも彼は家族持ちなのだ。ちょっと考えてアイデアを思いついた。そうだ、金曜日、携帯番号を貰ったじゃないか。小姐に。

しかし凄いなぁ。週末こっちに残るとこうなっちゃうんだ。そりゃそうだよな。他にすることないもんな。日々、小姐のことばかり考えて生きる、これこそ男の人生ってもんだ(違うよ)。

早速電話をかける。一応、準備はしたものの、英語が通じるので比較的楽なものだ。
数コールの後に彼女が出た

喂,你好
「Hello」
「Hello!?」

訝しげな声だ。ハローの一言で通じた北京とは大違いだ。

「Do you remember me?」 

と、最後の望みを託しながら問いかけたところ、彼女の返答は無情にも

「...... Who is it?」

おいおい、完全に忘れてやがるぜ。会ったのは一昨日のことなのに。
しかもモノ扱いかよ。
文法的には正しいのだけれど、you じゃなくてit と言われたことに軽いショックを受けた。

「ワタシは昨日、○○の店であなたと会いました」

と、たどたどしい英語で言うと

「あ~~~」

と反応。はいはい、なるほどね、という口調だ。
で、改めて

「How are you today?」

ときた。

元気なわけねーだろ畜生め、上海に来てから厄日続きだよ、と思ったけど、それを言ってもはじまらない。というか、それを表現するだけの英語力が、俺にはない。しょうがないのでおとなしく返答を返す。

「I’m fine thank you, and you?」

あぁもう、なんだかNHKのラジオ英会話で習った例文そのままだし。
まったく情けないていたらくだ。昨日のツキがなかったらここで終わっていたかもしれない。

でも、ここで俺は少し粘りを発揮した。



SH20b

04 : 47 : 27 | 筆談小姐2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2-19.後始末 | ホーム | 2-21.だんどり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/90-80560e2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。