FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2-11.英語小姐
2007 / 02 / 09 ( Fri )
SH11a

結局俺は、英語が喋れる女の子を選んでしまった。筆談&中国語チャレンジをしたかったんだけれども、同行してるのがモノホンの中国人なのでちょっと気がひけたというのと、連戦の疲れで場の流れに逆らうだけの気力がなかったというのもあったかもしれない。

ま、そうはいっても俺の英語は全然使い物にならないので、英語で会話といってもかなり高いハードルなのだ。

選んだ女の子は松浦亜弥似のぱっちりした目の娘だ。ちょっと距離を置いて座り、”Nice to meet you” と挨拶する。品が良いというか、躾をちゃんとされたという感じがする娘だ。英語も上手、間違いなく俺よりも上手い。

なかなか手ごわいじゃないの。と思いながらも、これまで培った黄金パターン通りに会話を進めてゆく、まずは名前、年齢、出身と質問を続ける。名前は張だってさ。そうだよね中国人だものね。いいねぇその調子だよ。日式が続いたので、このノリには心が洗われる思いだ。

名前なんかは字で書いた方が早いので筆談になる。結局のところ、英語で話をしていても、ある程度わかる範囲が広がるだけで、わからないことがあれば筆談に戻ってくる感じだ。そういう意味では、漢字圏同士のコミュニケーションというのはかなり楽なもんだ。困ったら筆談に持ち込めば良い。そうすれば、大概のことは理解できる。

出身は福建省だそうだ。さすがに上海、小姐の出身地が北京とは大分異なる。揚子江以南の出身者と話をするのは初めてだ。少林寺って知ってる?と聞いたら知ってるとのこと、福州少林寺というのが地元にあるから当たり前か。やや無骨な話題から徐々に会話が始まってゆく。

見ると右手の拳が赤黒い。実は少林拳の達人で、これは拳ダコですなんてことだったらどうしようと思って恐る恐る尋ねたら、自転車で転んであざになっているんだそうだ。いいねぇ自転車。バイシクル!

中国だなぁ(しみじみ)

幸せだよボクは




SH11b



03 : 31 : 11 | 筆談小姐2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2-10.中式KTV | ホーム | 2-12.怒られた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/81-3a3aea24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。