FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2-9. 蛇の道は蛇
2007 / 02 / 09 ( Fri )
SH09

昼食を終え、上司のHさんと別れた午後は、俺と関係会社のスタッフとで客回りを続ける。関係会社は中国の会社で社員のほとんどが中国人だ。でも、日本の客が多いので皆日本語が堪能。しかも、関西弁だ。俺の知ってる中国人だけかもしれないが、中国人に関西弁はよく似合う。

さて、そのままお客さんを招いてディナー。中国人のスタッフが通訳してくれているんだけれども、比較的俺たちのビジネスが分かっている人なので話が早い。一言、二言話すだけで意図を汲み取ってくれて、自分の言葉で相手側と会話を進めてくれる。正確性は落ちるかもしれないが、会話の流れが自然だし、相手がリラックスしているのがよくわかる。とはいえなかなかハラを割った話は出てこない。まぁこの辺はどこの国でも共通だ。

さて、ディナーが終わり、お客さんをお送りするとお開きだ。中国人チームのリーダーであるGさんがこちらにきて「お疲れ様でした」と手を差し出す。いやこちらこそ、いろいろお世話になりました。Gがさらに話す

「で、この後は何かご予定ありますか?」
「いえ、ホテルに戻るだけですけど」
「じゃぁ、折角ですのでもう一軒行きますか?」

またこれかよ!
3日連続だよ。

車に乗ってディナーを食べたレストランを後にする。横に乗ったリーダーが話しかける。かなり大柄で、恰幅も良いので広いはずの車内が狭く感じる。

「Hさんに店を紹介したんですけど、行きましたか?」

なんだ、あんただったのかよ、あのナイスなアシストは。Hさんたらもう大満足だったよ。という本音は心にしまって

「ええ、行きましたけど」

と木で鼻を括ったような回答。まだちょっと相手のは肚が読めていないので、やや警戒モードだ。

「どっちに行きました?」
「店の名前覚えてないんですよね」
「階段を下りてゆく方ですか、上ってゆく方ですか?」
「降りてゆく方です」
「じゃ、今日は上ってみましょうか」

するってぇと、中国式の方ってことじゃないですか。いいじゃない。流石、中国人。蛇の道は蛇だねぇ(意味が違うよ)。



03 : 28 : 27 | 筆談小姐2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2-8.コメント | ホーム | 2-10.中式KTV>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/79-2a5ca1b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。