FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
(60) 夜の翻訳機
2007 / 01 / 03 ( Wed )
60.1107-18(s).jpg

上司のMさんは負けず嫌いな人である。中国人との女の子とのコミュニケーションでは俺が先行したが、これが気に入らないのである。いろいろ話を聞いてくるので、俺が翻訳機を買った話などもしていたのだが、今回彼は秘密兵器を持ってきていた。高級電子翻訳機である。成田空港で買ったそうだ。3万くらいしたらしい。

この翻訳機、完全に夜の翻訳機として特化しているものだった。対応言語は中国語をはじめとした東南アジア諸国の言語。欧米はあまり眼中にない。

しかも、文例がイケてる。「君の瞳が綺麗だ」といった文章がいきなり出てくるのである。少なくとも俺は、今までの人生の中でこんな言葉を言ったこともなければ、他の人がマジで言っているのを聞いたこともない。

一般的に考えれば例文としては極めて不適切だが、日本から東南アジアに行くエロオヤジのニーズに完璧にフィットした翻訳機だった。成田空港もえらいものを売っているものだ。

でも、コミュニケーションは道具で解決できるものではないのだ。案の定、翻訳機で思うような言葉が出てこなくて苦戦している。女の子が書いた言葉を翻訳しようとしているようだ。

「これ、何て言っているかわかる?」

といってメモを見せる。

「俺たち二人が一緒に中国に来たのかって言ってるんですよ、あと、Mさんの歳も聞かれてますよ」
「すごいなーさすが夜の帝王、全部わかるんだ」

夜の帝王でなくてもわかる。漢字を手がかりに意味を類推すればいいのだ。中国語独特の言い回しもあるけど、全くわからないってことはないはずだ。

「翻訳機に頼ってちゃ駄目ですよ」

と声をかけて席に戻る。

俺の方とはと言えば、まぁ、いつもの調子だった。姓名から年齢、出身地、学生か否かなどを聞いてゆく。苗字は張さん、21歳で河北省出身だ。

你是学生吗?」
「大学生」

おー、初めての高学歴ちゃんだ。





01 : 19 : 58 | 筆談小姐 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<(59) 再び高級KTV | ホーム | (61) 大学出>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/62-b6da6050
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。