FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
(49) 会話がはずむ
2007 / 01 / 03 ( Wed )
20070103011032.jpg

枕になるような話題をこなしたところで、持ってきていたデジカメを見せてあげる、いきなり彼女の顔を撮ったら、大げさに驚いて駄目駄目と叫ぶ。俺に覆いかぶさるようにしてデジカメを手から奪うと、撮影したデータを消そうとしている。消去ボタンはどこよ、と聞いてくる。

文章は聞き取れなかったが、消去(シャオチュイ)の意味は類推できた。去は「行く」という意味のチュイとしてよく使うし、消(シャオ)は音読みに近い発音だ。で、俺も発音を真似て、「消去是这个」などと言ってボタンを指す。無事自分のデータ消去に成功した小姐は、今度は俺の写真をとろうとしはじめた。

で、いろいろ試行錯誤しはじめるので横から口を出して教えてあげる。教えるといっても、言葉で言うのときたら、「違う、こっちこっち。そうそう、、」といった事でしかないので、俺の中国語で十分いける。しばらくすると彼女が「Ah~明白、明白!」と声を上げた。で、俺にポーズを取らせて撮影。ホテルの部屋で自分の写真撮ったって全然面白くないんだが、まぁ、カメラの操作を教えたりは楽しいのでまぁいいか。

こんな感じで最初の重たい雰囲気はどこへやら、きゃぁきゃぁと大盛り上がりだ。会話もいい感じで進んでいる。というか、考えてみたら、こういう時の会話というのは難しい文章使わないのだ。「知ってる」「知らない、何それ?」「あ、わかった」という感じの短いやりとりで十分意志が通じる。多少言葉足らずでも、相手のことをある程度知っているので類推が効くので「??」という状態にはならないのだ。

長い文章を喋る時は、筆談の助けを借りるけれども、主語(人称や指示代名詞)と基本的な動詞(よく使うので5つくらいだ)は喋れるので、書くのは主に名詞(目的語など)の部分だけになる。当然、書く字数が少ないのでテンポも遅くならない。

そんなこんなで今までになく調子よく会話が進み、あっという間に時間が過ぎた。




01 : 10 : 52 | 筆談小姐 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<(48) 経験を話す | ホーム | (50) 今日の請求>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/51-ba640191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。