FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
(39) 上達
2007 / 01 / 03 ( Wed )
39.a-gill20(s).jpg

ホテルの前でタクシーを捜したがなかなか拾えない。彼女の出勤の時間が気になるので、家まで送ると言って大通りを渡ろうとする。彼女が2,3歩小走りに歩いて俺を追い越し、子供を扱うように手を引いた。

北京では横断歩道のないところで車道を渡るのが普通だが、その渡り方にコツがあるのだ。何しろ4車線くらいの道路で、青信号で車がバンバン走っているところを渡ってゆく。

中央線のところでしばし立ち往生するなんていうことも日常茶飯事だ。車との距離も異常に近いので、外国人の俺にしてみればかなりスリリング。ネジが2,3本抜けてるようにしか見えない彼らだが、それなりのコツはあるみたいだ。

道路を渡ってから路地に入った。周囲は中国人ばかりで、しかも空は暗くなりかけているが、前回と比べれば全然リラックスして路地裏を歩く。アパートの門の前で彼女と別れる。

バイバイ!と笑顔で手を振る彼女に、左手を一回上げて答る。なんだか本当にデートみたいだよ。しかも高校生くらいの。などと思いながら、また大通りまで戻ってタクシーを拾い、ホテルに帰った。

***

翌朝。今日は中国の関係会社の人と一緒に仕事だ。王府井の近くのオフィスまでタクシーで行く。運転手に行き先を紙に書くのではなく口頭で告げ、さらに、到着後は「给我发票」と言ってレシートを貰う。

「すごいじゃないですか。初級中国語ばっちりですよ」

そりゃそうだ。普通に出張に来てるだけじゃやらないようなことをいろいろやってきたのだ。同じ回数・同じ日程で来ていても、Tとは踏んだ場数が違う。

目を丸くするTの方を見ながら心の中でつぶやく。
へっへっへっ、何故上達したかは秘密だよ。





00 : 58 : 52 | 筆談小姐 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<(38) 言葉じゃないもの | ホーム | (40) 必勝KTV3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/41-fd5902ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。