FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
(34) 有り金オール
2007 / 01 / 03 ( Wed )
20070103005433.jpg

さて、言葉が通じない中で大事なのは人間力である。

細かいことに拘ってはいけない。言葉でのごまかしは通用しないから、人間性でぶつかるしかないのだ。小細工はできないし、するべきではない。多少お金がかかったって、多少リスクがあったからって、腹をくくってどーんとぶつかるしかない。中国に着てからもう何度腹をくくったことか。どれだけリスクをとったことか。でも、そのお陰で今がある。また腹をくくれる自分がいる。

「いいよ」と笑顔で答える。いよっ旦那、お大尽っ!と言いたいところだが、俺も人間がそんなに大きくないもんだから、小声で「多少钱」(ドォシャオシェン)と聞く。彼女は店員に確認。「一共980」(あわせて980元)。

あら、結構高いのね。ジャージ上下+Tシャツ1枚なのに、日本とあまり変わらないんじゃないの?ちなみに、上海で現地採用の人間の初任給が2,000元程度というし、デパートで売られているスーツが1,000元程度だったから、このジャージは現地物価水準から考えると5-6万円相当の品ということになりそうだ。

カードは手数料が高いらしいので現金で払うことにする。しかし、現金持ってたかな。例によってこういうことになると想定してなかったので、手持ちが少ない。確か1,000元程度しか持っていなかった筈だ。それからタクシー代やら牛丼代を払ったし、と思いながらレジの前で財布の中身を全部出して札を数える。

何だかカツアゲでもされてるようで恥ずかしい。最終的に、980元+数元程度あることがわかった。思わず「ギリギリ!」と日本語で叫ぶと、彼女も意味がわかっていないくせに「ギリギリ」とまねして笑った。

そんなこんなで支払を済ませる。それからがまた長い。何やら問題があったようで店員ともめている。でも彼女の要求は通らなかったようで、不満そうだ。どうしたのか目で聞くと、ジャージの裾を目の前にかざした。少し黒ずんでいる。

どうやら現品限りの商品なのだが、それが汚れていたのでクレームをつけていたらしい。「じゃぁそれをネタに値切れよっ」と一瞬思ったが、とても言葉で説明できそうにないので、「まぁ洗えばいいよ」という感じで慰めた。さて、戦利品を抱えて店を出た。




00 : 54 : 52 | 筆談小姐 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<(33) おねだり | ホーム | (35) 上機嫌>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/36-e590b4f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。