FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
4-80. I love you
2008 / 08 / 09 ( Sat )
4-80

もう関係は終わりかと思っていた6月に突然届いた彼女のメール。
長文だった。



少しご無沙汰だけどどうしてた?
私はずっと流浪の民だったわ。
上海の家を引き払って一旦実家に帰って、今は西安よ。
前に話をしていた通り、父の会社の新しい事務所で働いてるの。

随分連絡がないけど、私のこと覚えててくれてる?
あなたが恋しいわ。
何故連絡をくれないの?
私が何か悪いことした?

忙しい日々が一段落していろいろ考えたの。
私たちは尊く得難い何かを共有してたんだと思うわ。
だから雑踏の中で出会い、広い海を越えて絆を持てたの。
一緒に過ごした楽しいいくつもの思い出。
私は自分の気持ちを無視できないわ。

もしあなたが little pigの歌声にまだ耳を傾けてくれるのなら、
きっと天にも昇る気持ちになると思う。

今何をしてるの?
相変わらず忙しい?
仕事を終えてピアノを弾いてる?
腹の出たボスと焼き肉食べ放題かしら?
お酒を飲んで真っ赤な顔をして、
あぁあなたが恋しいわ。
どうか元気でいて。
そして私の思い出がまだあなたの心のどこかに残っていますように。

私はここで待ってるわ。
忙しくて今まで連絡できなかったの。
でももう落ち着いたわ。
忙しくてもあなたのことを忘れたことはなかった。ほんとうよ。
このままいなくならないで。
I love you.
あなたは私の人生で最も特別な人よ。

私が一番辛かった時に助けてくれた。
ほんとうに有難う。
あなたの暖かい眼の中で私は自分を取り戻したの。
それだけじゃない。
私の気持ちは言葉で言い尽くせないわ。

でもあなたは感じとってくれると思う。
たとえ遠く離れていても、
どんなに時間が経っていたとしても、
私たちのハートは同じリズムを刻んでいるはずだから。。



前にも何度も書いた通り、彼女のメールはとても詩的だ。気持ちはこう書けば伝わるのかと思う。きっと母国語ではさらに上手な手紙を書くんだろう。

詩的なのはスタイルだと分かっていても、こうして気持ちを伝えてくれるのにはやはり心は動く。
それに、もう一つ気が付いた点があった。

”I love you” と書いてきたのは初めてじゃないか?

昨年、彼女とまだ喧嘩をしていた頃、「あんたのことなんか愛したことはなかった」と言われた。「I love you なんて言ったことなかったでしょ」と。その時は、怒りにまかせて言っているのかと思っていたけど、こうして改めて書いてあるのを見ると、確かに彼女のメールにも、メッセージにも、この言葉は見覚えがなかった。

念のために過去のメールのログをチェックする。
”love you” で検索するが、出てくるのは俺のメールばかり。
彼女のメールは一通も出てこなかった。

すごい、徹底している。

それに較べて俺の ”I love you” のなんと軽いことか。

俺は自分を恥じた。
そして、改めて考えるとそんな徹底した彼女が今回 I love you と書いてきたことの重みが分かる気がした。

4-80c

でも実際どうするよ。

会社は中国撤退だし、東欧へ行くという誘いも受けている。西安駐在なんて夢物語だし、東欧の仕事をしながら西安に通うなんて現実的に不可能だ。会社を辞めるくらいしか思いつかない。しかし、会社を辞めてどんな仕事があるというんだ?西安で仕事を見つけるのか?

ふと突飛な考えが頭をよぎる。
彼女の旅行代理店に勤めたらどうなんだ。英語を生かせる仕事だということは、中国人相手の商売じゃないだろう。外人観光客の誘致だったら、日本人観光客向けの仕事だってあるかもしれない。というか、事業意欲豊かな中国だったら、新しいチャンスだと言えば簡単に乗ってきそうだ。

いやまて、発想が突飛過ぎるぞ。

メール画面を開いたままPCの前で自問自答を続ける俺。内線が鳴る音で我に返った。電話をとると上司Mだ。S本部長と打ち合わせがあるので部屋に来いとのこと。東欧の件だ。結局Mも入ることになり、往年の黄金トリオが復活していたのだった。

こっちが現実的なんだよな、とも思う。
でも決断しきれない自分もある。

「ま、選択肢があるってことは幸せだよな」

自分に言い聞かせるように呟きながら席を立つ。

近い将来にいずれ選ばなきゃならないけど、せいぜい悩むことにしよう。
この手の話に正解はない。
というより、本人が悩み抜いて出した結論ならどれも正解なのだ。

ふと窓の外を見ると、初夏の青い空にまっすぐ飛行機雲が伸びていた。
伸びている方向は西の方。
その先には西安がある。

いやまてよ、
もうちょっと先まで伸ばせば東欧まで行けそうだ。

何の解決も示唆しないまま、
飛行機雲は勢いだけは勇ましく、
青い空にぐんぐんと伸びていくのだった。


4-80b

(完)




14 : 03 : 49 | 筆談小姐4 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
<<4-79.終了覚悟 | ホーム | a>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2009/08/17 22:46 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/02/16 04:34 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/11/18 11:14 * [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2011/01/30 17:53 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/314-2fedab76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2012/11/03 01:52】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。