FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
4-79.終了覚悟
2008 / 08 / 09 ( Sat )
4-79

翌朝、早朝に起きた俺は支度をして家を出る。

前回同様、彼女はまだ寝ているが、俺は今度は彼女を起さないようにして支度をして、「もう帰ります。さよなら」とだけ書いたメモを残してさっさと部屋を出た。下でタクシーを拾って浦東国際空港に向かう。飛行機は午後便だったが午前便に変更し、さっさと日本に帰った。

どちらが悪いというのはよくわからなかったが、最早歯車が噛み合わなくなっているように思えた。

今回は一緒に旅行したりして随分仲良くなったと思っていたのだけれど、金が切れ、しばらく会わなくなると途端にぎくしゃくするようになる。仲良くなっても、根底には互いに消せない不信感があるのかもしれない。ちょっとしたことでそれが顔を出し、歯車がどんどんずれていってしまう。出会った場所が悪かったのかもしれない。

逆にKTV遊びの延長で考えるのなら、執着するのは得策ではない。適度な引き際でゲームを終わりにして、他のゲームに行くのが粋な遊び方というものだ。それに、うちの会社は中国から撤退するし、東欧という新しい話も飛び込んできている。まさにこれは潮時なのかもしれない。

帰国してすぐにSMSのサービスを解約し、メッセンジャーのソフトも削除した。

来来メールは解約申し込みをしても実際に契約終了するのは月末になる。でも、月末までの間に彼女からのSMSは一切来なかった。それまでは間が開いても1週間も経たないうちにSMSが届いていた。でも今回は一切なし。彼女も俺と同じように関係を終らせてもいいと考えている証拠だと思った。

ゴールデンウィークが終るころ、会社でいよいよ東欧支社を立ち上げる話が明らかになった。現地事務所の立ち上げチームが編成されることとなり、俺はメンバーの社内公募に申し込んだ。俺を含めて数人が応募したようで、選考することになったらしい。実際に決まるのは6月に入ってからになりそうだ。

彼女からの連絡は何もない。もっとも、連絡手段を全て解約してしまったのだから無理もない。未練がましくもメールが来るかなと淡く期待していた自分があったが、ずっと期待は裏切られつづけ、いつしかそれも諦めて平穏に戻ろうとしている自分がいた。

しかしそこに変化が訪れた。
6月に入って、全く突然に彼女からeメールが届いたのだった。



4-79b



14 : 01 : 49 | 筆談小姐4 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<4-78.継続断念 | ホーム | 4-80. I love you>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/313-34254cb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。