FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
4-76.小姐訪問
2008 / 08 / 09 ( Sat )
4-76

それから数週間の後に慌しく動きがあった。
結局交渉がまとまり、うちの会社は中国から撤退することになったのだ。

撤退処理で上海には何度も行ったが、彼女と会う機会は見つけられなかった。今までみたいな進捗確認だけのお気軽出張ではないのだ。いろいろな部門とのやり取りもあるし、出張そのものも一人じゃない。気心知れた中であれば途中で別れて自由行動もありだけど、現実には同行する法務や経理の介添え役をしなければならないし、そもそも法務の連中は俺が上海の人間と個人的に交友するのを極端に嫌がった。

正直、生活費の援助を終えた後に彼女とまともな関係を続けられるかどうか自信はなかった。でも彼女はそれに納得したと言ったし、その後も定期的にSMSが来る。

以前ほどの熱烈さはないとはいえ、もう一度会ってみたいとは思った。
でも、その逢瀬が実現できない。

理由は仕事のせいなんだけど、彼女にそれが伝わっているかどうかはわからなかった。

3月になって契約書のサインが終った週末の朝。俺は上海行きの航空券を持って空港に向かっていた。土日を利用して、自腹で彼女に会いに行くことにしたのだった。土曜の朝便で上海に入り、日曜の午後便で帰る旅だ。時間はないけれども、会って彼女との関係を確かめる上では十分だろう。



空港でトイレに入り、トイレットペーパーを1ロール失敬する。上海に着いたら入国審査の列に並びながら彼女にSMS。通関を抜けて外の乗り場でタクシーを拾い、彼女のマンションに直行だ。数ヶ月ぶりの再会に胸が躍る。

マンションに到着して、サムソンの広告を流すディスプレイの前でエレベータを待つ。上に上がって白塗りの廊下を歩くと彼女の部屋だ。呼び鈴はならないのは分かっているので、白塗りの木の扉をどんどんと2回ノックした。

返事がない。

また2回ノックする。

ノックの音が誰も居ない廊下に響く。おかしいな、彼女はどこに行ったんだろう。SMSでは何も言っていなかったのに。

と、急に人の動く気配がしてドアの鍵が音を立てて開いた。扉が少しだけ開き、そこで止まる。不思議に思いながらドアを自分で開けて中を覗き込むと、タオル1枚で身体を覆っただけの彼女がこちらを見て舌をぺろっと出してバスルームに逃げ帰った。

おいおい、やる気満々じゃないのこれは(嬉)


4-76b



13 : 58 : 44 | 筆談小姐4 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<4-75.新興市場 | ホーム | 4-77.すれ違い>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/310-c2bf5c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。