FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
4-75.新興市場
2008 / 08 / 09 ( Sat )
4-75


明けて翌年。年始仕事初めの日。

正式な始業日より一日早く事務所に集まり、会議室で一升瓶を開けて年頭挨拶で乾杯をした後は、昼前から自分の席でコップ酒を片手に届いた年賀状の返事書きだ。

ほろ良い気分も手伝ってぶつぶつ独り言を言いながら年賀状を整理していると後ろから声をかける人があった。振り返ると本部長のSさんだ。

「どうですか、元気にやってますか最近は」
「お蔭様で頑張ってます。本部長は如何ですか?最近出張が多いみたいですけど」
「いやぁ、結構忙しくてねぇ」
「どこに行かれてるんでしたっけ?」
「ドイツだよ」
「じゃ、もっぱらソーセージとビールばかりですか?」
「そ、あとデザートもね」
「デザート?」

ドイツで有名なデザートって何だったっけか。

「バームクーヘン?」
「違うだろ。デザートって言ったらあっちに決まってるだろ」

急に声を小さくしてそう言い、小指を立ててみせる。
知らないよそんなこと。初めて聞いた。

「でも、ドイツ人ってガタイがでかくないですか?」

俺もひそひそ声で問いかける。

「ドイツだけど、女の子は東欧なんだな」

もったいぶった口調で本部長が言うのを聞き、

「ほほう」

と、思わずテンションが上がる俺。
それを見て本部長はしてやったりという表情で言葉を続ける。

「東欧からの家出少女が一杯流れてくるんだよね。これがまた、ねぇ」

いい笑顔だなぁもう。実感こもってるんですけど。
家出少女なのかどうかは胡散臭いが、東欧からというのは大いにありそうだ。これは確かに美味しいのかもしれない。

「興味ある?」
「いや、それはもう。私はS本部長派ですから。是非お力にならせて頂きたく」

おどけて言ってみせる。この辺は阿吽の呼吸だ。

「支社を開くことになったら駐在員を社内公募するから立候補しなさいよ」
「僕なんかで大丈夫ですかねぇ」
「大丈夫でしょ。上海での経験もあるし、決めるのは幹部会だけどまぁ何とかしてあげるよ」

上司との関係は重要だよな。でも、俺は気がかりが一つあった。

「でも中国の方はどうですかねぇ。拠点拡大したりしないですか」
「ああ、中国は駄目だよ」
「え?」
「全然商売にならないでしょう。やっぱり中国人は難しいね」
「そうですかねぇ」
「そうだよ。今、支社を現地の責任者に売ってうちとしての拠点はなくそうって話になってるよ」

まじっすか。そんな話になってたなんて知らなかった。
いろんな意味で風向きが変わり始めているのを感じた新年初日の午後だった。


4-75b



13 : 57 : 28 | 筆談小姐4 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<4-74.デジャヴ | ホーム | 4-76.小姐訪問>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/309-27f3ee2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。