FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
4-25.涼性熱性
2008 / 07 / 01 ( Tue )
4-25

チケットを渡して入り口を入る。廊下の両側にドアが並んでいて、その一つ一つがスクリーンというわけだ。手前から2番目のドアを入って中に入る。室内は比較的小じんまりした感じだ。まだ新しいのか、設備もそんなに汚くはない。

しかし、上映時間直前なのにほとんど客がいない。土曜の昼間にこんな体たらくで商売は大丈夫なのかな。指定された席を二人で探すが、どこに座っても全然問題ない気がする。ちなみに、客は全部中国人だ。当たり前だよな。観光で来て映画見る奴はいないよ。

肝心の映画はどうかというと、意外に問題なく理解できた。英語の台詞が聞き取れたわけじゃない。中国語の字幕が結構いい感じで、これを読んでいるだけで結構内容はわかってしまうのだった。漢字万歳。この調子だったら何語の映画でも大丈夫そうだ。もしかしたら洋画じゃなくて中国の映画でも大丈夫かもれない。字幕が出ればだけど。

映画が終わってトイレに行くと、そこはなかなか個性的だった。まず、照明がなんだか赤い。新築のころはオシャレだったのかもしれないが、若干薄汚れてきた今となっては場末のストリップみたいだ。しかも形が四角でなくって、三角形。便器の間隔が結構狭いので、三角形の角のところなんか三方を多数の便器に囲まれて凄いことになっている。これ、全部同時に使うことはないよなぁ。

4-25b

***

夕食は上海料理。バイキングじゃないのですっかり彼女のペースに巻き込まれてしまい、腹一杯になって店を出る。腹ごなしにぶらぶら歩いていると、彼女が売店で飲み物を買うと言い出した。

「今日は熱い食べ物をたくさん食べたから、身体を冷やす飲み物を飲んだ方がいいわ」

と言って俺に差し出したのは赤い缶飲料。日本では見ないブランドだ。別に冷たくはない。熱い冷たいというのは、漢方的な表現なんだろう。日本人には全然わからないんだけど、こういうことは中国人には常識なんだろうか。これだけ近代化されていながら、漢方が根付いているってのは何だか不思議な気がする。

渡された缶を開けて一口すする。味はまろやかな感じで悪くない。でも、腹が一杯なのであんまり飲む気になれない。

熱いの冷たいのとかいう以前に、量が問題なんだよな。
俺は彼女に聞かれないようにそっとぼやいた。

4-25c



02 : 09 : 35 | 筆談小姐4 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<4-24.电影院 | ホーム | 4-26.亥的小姐>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/259-39f9cc81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。