FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
3-45.水泳施設
2008 / 04 / 15 ( Tue )
CN3-45

水着を買ったあとはプールに移動だ。向かったのは上海体育館。プール前の売店でふと思いついて水中眼鏡を買う。日本から持ってくるのを忘れてた。値段は90RMB。日本で買うのとあまり変わらない。

プールの利用料は二人で50RMB。チケットを購入すると係員が何事か俺たちに指示した。彼女に手を引かれて向かいのコーナーに移動する。そこには机がおいてあって男が一人座っていた。「二人で10RMB」。言われるままに払うと、別のチケットにおごそかに押印して俺たちに渡した。見ると、健康診断終了証と書いてある。でも、何の診断もしてないじゃないか。

彼女の方を見ると、言葉を発するまでもなく同じ感想を抱いていたようだ。「いい商売よね」と一言つぶやいて振り返ると、入り口に向かった。

更衣室が分かれているので入り口で彼女と別れる。ここから先、プールに出るまでは俺一人だ。渡されたキーを持ってゲートを越え、細い廊下を歩いてゆくとロッカールームに出た。スポーツ競技の舞台裏で見られるような効率重視のロッカールームだ。日本のフィットネスクラブのそれとはノリが違う。

そして、それを使っているのは全員中国人。子供連れもいれば老人もいる。俺と年が同じくらいかもしれない奴もいるけど俺よりずっとおやじっぽい。俺も今回はカジュアルな服装なんだけど、それでも結構浮いているかもしれない。

服を抜いで水着をつけ、人の流れについて歩いてゆくとシャワールームに出た。ブースに仕切られたシャワーを浴びている人がいる。照明は薄暗く、無機質な雰囲気が漂う。ふと振り返るとシャワーブースの対面の床に、囲いも何もなく、便器が唐突に設置されていた。

さらに歩いてゆくと、足を洗う水たまりがあり、それを抜けるとプールだった。

最初のプールは一切窓のない、コンクリに囲まれた空間だった。そこに二つ小さいプールがあり、スイミングスクールらしい子供たちが練習している。周囲がコンクリなので声がよく響く。

さらに歩いてゆくと、広い場所に出た。競技用のプールを公開しているんだろう。周囲には観客席がある。大きなプールが二つあり、一つは水遊び用で女の子たちがビーチボールで遊んでいる。もう一つは競泳用らしく、みなガンガン泳いでいた。

照明は暗く、周囲は相変わらずコンクリートばかりだ。水遊びプールで遊ぶ女の子の歓声と、暗くコンクリートに囲まれた殺伐とした雰囲気が好対照だった。


CN3-45b



23 : 18 : 43 | 筆談小姐3 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<3-44.水着売場 | ホーム | 4-46.競泳勝負>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/198-3ba4df43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。