FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
3-38. 大願成就
2008 / 03 / 24 ( Mon )
CN3-38

帰国した日の夜、彼女からメールが届いた。

“夜の仕事をしなくてもよくなったので、学校に長い時間いれるようになったの”

彼女はそう書いてきた。

“本当にありがとう”

心なしか文面が晴れ晴れとした気持ちに溢れている。そしてメールの最後には

「Don’t forget me」(あたしのこと忘れちゃいやよ)

結局のところ、金で愛情を買った形にはなっているのだけれども、それでもこういうストレートな言葉を受け取るのは嬉しい。

***

ほどなく次の出張が決まる。たった2週間後だ。今度は予定通りのスケジュールだ。前回の様に金曜日に打合せをすませ、その日の夜から自由行動だ。

彼女は今日は学校を休んで家探しをしてる。断続的に見るSMSを読む限り、今日で3件程度回ったみたいだ。

人民広場の近くのやつはあまり良くなかったらしい。そりゃ中心部は割高だからあの予算じゃぁろくなところがないだろ。そうするうちに、予算ちょっとオーバーだけどいい物件が見つかったようだ。どうしようかなぁなんて書いてよこすけど、きっと気持ちは決まっているに違いない。

夕方、これまで何度か待ち合わせに使ったスターバックスで彼女と落ち合う。タクシーに載って上海料理の店に。食べ終えた後、お茶をして話をした後、ホテルに一緒に戻ろうと誘う。そう、今回はいよいよCまで(昭和風)ですよ。

部屋に入ると前回の続きのような雰囲気になった。違うのは、俺が彼女をお姫様だっこしてベッドに運ぶこと。きゃぁきゃぁ歓声を上げる彼女をベッドに放り投げると、いよいよ本題に入った。

ルパン三世みたいにジャンプしながら服が全部脱げたらどんなに便利だろうと思う。もどかしく服を脱ぎ、服を脱がせる。布団をめくって中に入るのは省略だ。長いキスから唇を離してふと彼女と目を合わせる。まっすぐこちらを見て微笑む彼女の口から歯がのぞく。白く輝ききれいに並んだその歯を見て、ふと、中国人の野生を感じた。

***

翌朝、横で寝ている彼女がビクッと身体を震わせるので目を覚ました。
カーテン越しに入ってくる明るい朝日の中で、彼女はまだ熟睡してる。愛らしい寝顔を眺めながら再び感慨にふける、ここまで長い道のりだった。やってみれば結局他の女と一緒だけど、そこまでの道のりが長いと感慨も違うもんだ。

彼女が寝返りを打った。

さて、どうやって起こしてやろうか。
そして二人でどんな一日を過ごそうか。



CN3-38b



01 : 28 : 27 | 筆談小姐3 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<3-37. 条件交渉 | ホーム | 3-39. 敷金礼金>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/191-b5ef2e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。