FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
3-11.帝王後任
2008 / 02 / 24 ( Sun )
CN3-11

浦東空港で飛行機を降り、タクシーで市内に向かう。

「Yの後任って知ってる人?」

とMが尋ねる
上海支社の悪友Yは、前の出張の後で香港に転勤になってしまったのだ。後任になったのは台湾出身のL。Yより相当年上の人だ。

「知りませんねぇ。前こっち来てた時はまだ台湾にいたんじゃないですかね」

事前に手に入れていた略歴を思い出しながらMに言う。
ほどなく支社に着き、新しい担当者と顔合わせ。大柄な身体をブランド物の高そうなスーツで包んだその顔は、以外なほどの童顔だ。脂っ毛の薄い白髪交じりの髪は七三きっちり分けられている。眼鏡の奥の優しげな目が微笑んで俺たちを見つめている。上海の種馬だったYと比較してまた全然違う方向性でまとめてきたもんだ。

仕事に入ると切れ味鋭いプレゼンが始まった。このおじさん、MBAも持ってんだそうだ。
駄目だこりゃ、毛並みが違うよ。

負けず嫌いのMが果敢にも論戦をしかけるのを俺はまるでドンキホーテでも見るような気持ちで見つめていた。けちょんけちょんにやられるかと思っていたら、強引に泥仕合に持ち込んで議論を大混乱に陥れることに成功した。
ちょっと見直したぜMさん。すげぇよあんた。でも何も結論出なかったけど。

2時間あまりの大論戦。結論は出なかったが、いい汗かいたぜ、みたいな満足感で雰囲気が緩くなる。最後は「良い議論だったよな」なんて感じでエールを交換しつつ挨拶してやがる。
あれ、こんなシーンどこかで見たことあるよ。そうだ、昔のスポ根アニメだ。夕日になるまで殴り合ったあとで意気投合するってやつ。あれかぁ。

それからメンバー全員で会食。結構高そうなレストランで夕食。いきなり最初から乾杯だ。
「Cheers!」杯を上げて乾杯すると、一口のんで、グラスでテーブルをコンコンと叩く。何やらこれが作法らしい。俺たちも真似をする。

食事が進むにつれ、この「Cheers!」が何度も出てくる。話の区切りがついたり、ちょっと沈黙になるとすかさず誰かが「Cheers!」といって、皆でグラスをあげ、そしてコンコン!。台湾ってこういうノリなのか?

適応力だけは人一倍あるMと俺とは、最後の方では自分から「Cheers!」と言って乾杯を先導したりして大いに馴染んで食事を終えた。

後日、そのLからメールが来た。

「先日の議論は有意義だった。今後もよろしく。Cheers」

おいおい、結語までCheersかよ。


CN3-11b



02 : 56 : 48 | 筆談小姐3 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<3-10.再度上陸 | ホーム | 3-12.上司懐柔>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/164-924dee82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。