FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
(14) 酒豪
2007 / 01 / 03 ( Wed )
14.Drunk.jpg

高級KTVに行った翌日は仕事で政府の官僚の方々にインタビューがてら夕食だった。仲介者と通訳がいるのだが、両方中国人なのだ。日本人は俺と若手のTの二人だけということになる。相手はお偉いさんだし、日本人が少ないということもあって、やや緊張しながら臨む。

事前の情報で、どうも相当な酒飲みらしいということだったので、Tと役割分担をし、Tがメモ取り係、俺がムードメーカー(呑み役)ということになった。

さて、挨拶を済ませて中華料理の円卓に座り、会食がスタート。自己紹介の後、最初のビールを注文する段になって、相手の一人が俺に尋ねた

「○○さんは、お酒は結構呑まれるんですか?」
「いやまぁ、人並みです」
「ほほぅ・・・」

興味深げな眼をして俺の顔を覗き込む。人並みってことは結構呑めるってことだね、てな顔だ。実際、酒呑みってのは世界中どこでも共通の言語を持っているらしい。

「じゃぁ○○さんのために。美味しいお酒をあけましょうか」

人並みだと言っているのにそういう流れになる。
今回呑むことになったのはマオタイ。値段も張るのので滅多に呑めない酒だそうだ。サービスのつもりらしい。勘定はこっち持ちなのに。

ちなみにこの酒、アルコール度数はかなり強いそうだ。
最初のビールもそこそこに、早々にマオタイを注がれる。

「まま、まずは一杯」

中国語で言っているはずだが、場の流れからアタマの中に日本語訳になって響く。乾杯して一口すする。

あ、これはヤバイよ。



00 : 36 : 03 | 筆談小姐 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<(13) 必勝KTV2 | ホーム | (15) 酒の肴>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/16-bd1bee32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。