FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2-73.なぞの記事
2007 / 04 / 18 ( Wed )
SH73a

10年以上前、中国はまだまだ不思議な国だった。

全国紙の三面の片隅に、中国で起こった珍妙な事件がベタ記事で掲載されることもしばしばだった。中国と日本との経済的なつながりが大きくなり、また、中国自身も大きく発展を遂げつつある現在では、記事の内容もそれなりに掘り下げたものが多くなったが、当時はまだ、ネタ的な記事も数多く見られた。下記はそんな一例。



中国の生物学者調査、なぞの生物は粘菌の複合体。
1992/11/04, 日本経済新聞 朝刊

 【北京3日共同】今年九月に中国・陜西省の渭河でゼリー状の正体不明の生物が発見され、生物学者の研究の結果、大きな粘菌の複合体であることが分かった。しかし発見された後に転売されて見せ物にされているため、貴重な生物をきちんと育成すべきだとする声が強まっている。
 最新の週刊紙「中国減災報」によると、この生物は長さ七十五センチ、重さ三十五キロのナマコ型のもので、西安市の西北大学で一部を切りとって調査したところ、呼吸し新陳代謝や増殖能力がある粘菌の一種と分かった。
 タンパク質の含有率は五三・一%で、試食してみたところ生ではバラのような香りがし、焼けば肉のような歯ざわりで食用にできることが判明。専門家は貴重なタンパク資源として保護を訴えている。
 同様の生物は一九四七年に米国のダラスで発見されたことがあるが、今回のものよりずっと小さく、専門家は貴重な発見だとしている。しかし現物は発見者から農民が六千元(約十四万円)で買い取り、一万元(約二十四万円)で個人業者に転売。業者は「怪物」と銘打って水槽に入れて見せ物にしており、保存状態は良くないという。



もし、日本ツッコミ大学というものがあったとしたら、その入試問題にぴったりの記事だと思う。ツッコミどころ満載で、何遍読んでも見飽きない。

詳しく味わうのは次回で。

SH73b




03 : 04 : 57 | 筆談小姐2 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<2-72.深夜の食事 | ホーム | 2-74.食のDNA>>
コメント
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2011/11/12 18:38 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/143-ef38b54b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。