FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2-68.携帯電話
2007 / 04 / 18 ( Wed )
SH68

ショッピングモールを出て、2軒隣の店に入る。
さすが上海、あまり歩かずにいろいろなものが手に入るというわけだ。

入ったのは電器店。というか秋葉原のラジオ会館みたいな感じだ。建物の中で沢山の小さい店がブースを構えている。1階はパソコンショップ、2階に上がると携帯電話ショップだった。
狭苦しい店内には、平日の昼間なのに結構客が多い。ブースごとに取り扱いメーカーが異なるようだ。

「どこのメーカーのが好み?」
「海外メーカーのがいいなあぁ」

言いながら辺りを見回す。ノキアの看板が目に入った。

「あの店にしよう」

2人で店の前に立ち、ショーケースの中を覗き込むと、すぐに店員が目の前にやってくる。
正直、安ければ何でも良いので彼女に
「一番安い奴を出してって頼んでくれる?」
とお願いする。

店員が出してきたのはスティック型の小さい携帯電話だった。
かなり簡素でいい感じだが、色がパステルカラーなのが気に入らない。
「他の色はないのかなぁ」
と聞くと、黒いのが出てきた。これならまぁ良さそうだ。
「I like it」
彼女も意見を述べる。

じゃ、これで決定。

次に、SIMカードを購入する。
いくつかの電話番号の候補から選ぶわけだ。

「覚えやすい番号にした方が良いわよ」

彼女が言う。何だか保護者みたいだ。
俺は言葉ができないだけで、携帯電話買ったことは何度もあるんだけどな。だいたい使う相手が限られているから覚えにくい番号であってもあまり困らないのだ。
とはいうものの、助言には配慮して候補の中から数字の規則性が多い番号を選ぶ。

後は店員がセッティングしてくれる。
プリペイドで最初に入っているのは100RMB分でそれを使い切るとまた補充しなくてはならない。100RMBでどの程度喋れるのかと思ったら通話で1時間弱になるらしい。
まぁ、それならこの滞在期間中では十分だ。

買い物を終えて近くのスターバックスに入って使い方を研究。
彼女が試しにSMSを送ってくれた。苦労しながら返信を返す。表示が中国語なのでなれるまで大変だ。それでも何とか最低限の使用方法を覚えた。

中国だと、そのままでは国際電話をかけられない携帯が多いのだが、彼女も例外ではなかった。でもこれで、電話もかけてもらえるし、SMSのやり取りもできる。
金額は全部込みで750RMB。最初は日本の携帯に比べて高いこともあって買おうとも思っていなかったが、いろいろ現地の人々との交流が増えてくると、やはりあった方が便利だ。

そんなこんなで携帯電話を片手に、ややウキウキしながら支社に戻った俺だった。


02 : 58 : 13 | 筆談小姐2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2-67.仕切り直し | ホーム | 2-69.行先指示>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/138-1719517e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。