FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2-38.秘密会議
2007 / 03 / 04 ( Sun )
SH38

支社に着くとYがいる。挨拶をしてTを紹介。その後、仕事の打合せに入る。一段落した後で、Tが俺のことを呼びよせた。彼に言われるまま、オフィスを出て階段室に入る。人目の届かぬところに来てようやく彼は立ち止まり、こちらを振り返った。ポケットからタバコを取り出して火をつけながら彼が言う。

「そういえばこの前のKTVの小姐だけど、」

週末に行った中式KTVの小姐のことを言っているのだ。

「やろうと思ったら彼女はゴム持って無いんだよ。ヤバイだろ?しょうがないから、コンビにまで出かけて買ってきたよ」

そういえば、別れたあと扉の閉まる音がしてたっけ。あれは買い物に出てたのか。

「でさ、携帯番号交換したんだけど、昨日、SMSが来て会うことにしたんだ」
「へぇ」
「最初、彼女は家に来て欲しいといったんだけど断った。何故だかわかるか?」
「いや」
「美人局の危険があるからだ。お前もそういうことがあったら絶対家に言ったら駄目だぜ」

そうだったのか知らなかったよ。もう北京でやっちゃたよ。と思ったが、それは言えない。自分の報告が終わったYは、今度は俺のことを尋ねてきた。

「で、お前の方はどうなんだよ。電話番号聞いてたろ」

確かにそうだ。俺の手帳の1ページに大書きしてある。でも、あの後は一度もかけてない。すっかり忘れてたのだ。

話しているうちに煙草を1本吸い終わった。

「また昼飯食いながら話そうぜ」

Yが言うのを俺が遮る

「今日の昼は駄目なんだ」
「どうして」
「女の子と飯を食う約束をしている」
「この前の小姐?」
「No、it’s another project」(いや、別のだ)

聞いたYは途端に相好を崩し、ヒッヒッヒッと妙な笑い声をあげながら俺の肩を叩いた。



05 : 10 : 14 | 筆談小姐2 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2-37.開き直る | ホーム | 2-39.ランチdeデート>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pami2.blog77.fc2.com/tb.php/108-a736dcb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。